2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

平日の釣りは快感!

1 :名無しバサー:03/06/09 09:51
平日の釣りはいいね。貸し切りやし・・・みんなはどうよ?

2 :名無しバサー:03/06/09 09:53
夜の方がいい。貸し切りやし涼しいし。

3 :名無しバサー:03/06/09 09:56
昼間は暑くて釣れん!

4 :名無しバサー:03/06/09 09:59
昼でも夜でも釣れん。

5 :名無しバサー:03/06/09 10:03
>>4
時間の無駄っぽいから釣り止めた方がいいかもよ?

6 :名無しバサー:03/06/09 10:04
夜のほうが釣れるよー
俺的には・・

7 :名無しバサー:03/06/09 10:06
>6
最近、晩はトップで釣れるかね?

8 :名無しバサー:03/06/09 10:12
トップにでます。
釣れるかは別だけど・・

9 :名無しバサー:03/06/09 10:16
忙しくて行けない!

10 :名無しバサー:03/06/09 10:19
琵琶湖のアユピンチ!! そ上が例年の3分の1
【滋賀県】琵琶湖のアユ、例年ならそ上が見られる河川は閑古鳥。昨夏の異常渇水が主原因、「遅植え」も河口での不漁に追い打ちをかけた.
 伝統の四つ手網漁の姉川河口で、網をすくうと、跳ね上がる稚アユの数が寂しげ。例年に比べ、今はせいぜい。
 昨年九月。マイナス七十−八十センチ台が続いた琵琶湖の水位低下の時期が、アユの産卵期と重なった。河川調査では、アユの産卵量は平年のわずか32・6%だった。
 河口が干上がり、“道”がふさがれたことが今に響いており、
 とはいえ、今年に限った原因ではない。姉川河口で不漁になったほかの原因として「今年は、特に田植えの期間が延びたから。川が濁る間、魚は川に上がらない」と農業排水を一例に挙げる。


11 :名無しバサー:03/06/09 10:21
今春、県は近江米の品質向上のため、田植え時期を遅らせる「遅植え」を推進した。その分、代かきなどで濁った水が、川へと流れ込む期間も長引くことになった。米対策が、水面下の世界には“仇(あだ)”となった皮肉な側面が浮かび上がってくる。
県は「流入が長期化したことは否定できない」とし、河川の透視度調査も実施しているものの、「濃い濁り水が一気に流れるのが悪いのか、薄い濁り水が長く流れるのが悪いのか、判断しにくい面もある」と苦慮する。
四−五月の姉川では、農業排水が河口にたどり着く以前の朝方以外は、アユの量が思わしくなかったという。刺し網漁のように漁場を移動できる訳ではなく、定位置での四つ手網漁にとって、最盛期と重なる濁水の流入はやはり痛手。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)